2007年10月26日

幻のストールその18-−幸せを運ぶストール

いつもパシュミナ100%の高価な手刺繍ストールが売れる時には
それだけのドラマがあります。
その瞬間、お客様も私も最高に幸せを感じます。

このストールもネット販売を開始する前にお客様に出会ってしまいました。
今年の新作ストールの中でも店長芳珠がもっとも心を込めて選んだストールが
早くもすばらしいお客様に出会うことができました。

こんなすばらしい出会いをもう一度味わいたいから、この仕事を続けていると
言っても嘘ではありません。

落ち着いた色ですが、地味すぎず、刺繍の糸の色も上品です。
最高級のパシュミナ生地に表も裏もわからないほど、精巧な刺繍をしています。

埋め尽くすほどの刺繍ではありませんが、伝統的なデザインとモダンなデザインが
合体して新鮮な印象のストールで、見た瞬間気に入っていました。

pprosestripe-5-500


毎年、そういう出会いをしたストールは必ず最高のお客様と出会うことが
できます。

本当は自分のものにしても良いと思ったものばかりなので、ストールが
売れる時に一抹の寂しさを感じますが、売れれば来年もまた最高のストールを
探しに行くことができるので、うれしくもあります。
お客様のお目にかなうストールを入手できるか、いつもインドに行くときは
どきどきします。

お体が弱く、軽くて暖かいストールをお探しのお客様でした。
しかも、どこにも売っていないような美しいストールがご希望でした。
インドリームにはそういうストールが何枚かあります。

華やかな場所だけでなく、普段使いしても大げさすぎず、まさにぴったりのお品でした。
二日後にお品をとりにいらしたとき、改めてご覧になってやっぱり良かったと
おっしゃって、すばらしい笑顔でお帰りになりました。

良いお仕事を与えていただけたことを心から感謝しました。
あまりの早い出会いでストールの写真が存分に撮れなかったことが
残念でした。


pprosestripe-1-400

インドリームワールド店長 芳珠

パシュミナ大好き! - livedoor Blog 共通テーマ

この記事へのトラックバックURL