2007年08月13日

ストール“自由研究”

夏休みといえば、自由研究がつきものですね。
猛暑日の強い日差しを見ながら図書館やインターネットで子どもが
“ピタゴラスと三平方の定理”とか調べているので、
私も、ミニミニレポートを、と思い立ちました。


題して、「日本におけるショールの歴史」


ショールやストールは、いったいいつから
日本で用いられるようになったのでしょうか。
それは、明治維新後のことで、記録に残っています。

当時の日本人はまだまだ和装が中心で、
洋行帰りの人々の間に洋装がはやり始めるころでしたが、
ショールは「襟巻きと外套を兼ねたようなもの」と
紹介されていました。

薄手カシミヤのものは高価であったため、
まず織物の主産地、西陣で、続いて東京で、国産が始まりました。

初めの頃は、180センチ四方のものを三角形に二つ折りにし、
肩から掛けて使用しました。

やがて、刺繍をしたものや、フリンジをつけたものも流行し、
また、サイズは長方形のものが中心になっていきました。

「オーバー・コート」や「レイン・コート」も
同じ頃、日本にもたらされました。

インドリームのストールを「着物に合うから」とお求めになる
お客様がよくいらっしゃるのですが、
ショールと日本の出会いから考えると
もともとは着物に合わせたわけですから、
伝統的な調和の美にまさしくかなっているといえるでしょう。
ひょっとすると、
おばあちゃまの押入れに眠っている素敵なお品物があるかもしれませんね?


以上、豆知識、でした。

インドリームワールド スタッフ芳佳


ストール大好き! - livedoor Blog 共通テーマ  

Posted by hoshu1 at 22:34Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月13日

片方だけのイアリングの利用法

900336cd.jpgピアスでないので、イアリングをしょっちゅう失くしてしまいます。
そして宝石箱には片方だけになったイアリングがごろごろしています。

そんなイアリングのとっておきの利用法を見つけました。
ストールやスカーフを留めるのに使うんです!


上の写真は赤いドレスにシルクシフォンのミラーワークのストールをかけたものですが、右肩と左脇を片方ずつのイアリングで留めたらとっても素敵になりました。



ほかにもいろいろ試したところ、胸元で留めるとガウンのように、
袖口を留めれば洋服のように使えます。

黒いストールは花柄のアーリ刺繍です。
とても華やかなストールですが、刺繍の量が程よく、使いやすい
ストールです。

このストールは秋の新着商品でまだサイトにアップされていませんが、
黒と白とピンクの三色あります。





商品のお問い合わせは店長までお願いいたします。



インドリームワールド店長 芳珠

  
Posted by hoshu1 at 17:03Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月12日

「シャトゥーシュ」のお話

81c22868.jpgインドカシミール地方特産の「シャトゥーシュ」ってご存知ですか。



「リングショール」とも呼ばれ、指輪を通すほど薄くて軽いのに最高に暖かい高級ストールのことですが、現在では取引が完全に禁止されています。

「シャトゥーシュ」はチルーと呼ばれるチベット高原の5000メートルの高地に住む野生のチベットカモシカの下毛のみをもちいて作られます。
一枚のストールに3〜5頭分の毛が必要です。

カシミヤよりやわらかく、暖かいストールは、世界中の人々に愛され、
高価で取引されたため、乱獲、密猟され、現在ではチルーが絶滅の危機に
瀕しています。

すでに国際取引は禁止され、インド国内の販売も厳しく取り締まられて
います。




そこで最近開発されたのが、先日ご紹介しました、家畜のヒマラヤ山羊の
毛を用いた「パシュミナ」から「シャトゥーシュ」のクオリティを再現した
「パシュマトゥーシュ」です。

一度その肌触りを体験してしまった人は忘れられないほど
やさしく暖かいストールです。しかも染色していない
ナチュラルベージュのストールのみをお取り寄せしました。



8月のサロンでの先行販売では真夏だと言うのにあっという間に
完売してしまいました。

9月中に再入荷いたしますが、すでに予約販売を開始していますので、
是非ご来店下さいませ。


インドリームワールド店長 芳珠






  
Posted by hoshu1 at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月31日

夢のストール その2

最高にやわらかくて軽いストールがついに上陸!

インドで一番やらかい毛を持つ山羊から取ったストールはシャトゥーシュと
言われていますが、この山羊は絶滅品種なのでもはやストールの原料を
とるわけにはいきません。インドでも厳しく規制されています。

そこで今年登場したのがパシュミナの中でも一番柔らかな部分を
使って、シャトゥーシュの肌触りを再現したパシュマトゥーシュ
というストールです。

なんと重さは84g、サイズは70cm×200cmなのにたたむと
手のひらにすっぽり収まるくらい軽いストールです。

しかも、色は自然のままのベージュ色で上品な風合いです。
8月に先行仕入れした分は、暑い盛りなのにあっという間に
完売しました。

まずは皆様にご覧に入れましょう。
明日から9月入荷予定分の予約登録販売をおこないますので、お早めに!!

チェック、ストライプ、無地の三種類があります。
 





インドリームワールド
店長 芳珠

  
Posted by hoshu1 at 22:39Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月25日

幻のストール その6

昨日のコクーンワークの最後の1枚は、実はすでにサロンには
ありませんが、やはり皆様にご紹介したいとおもいました。

このシリーズはどれも素敵でしたが、次はいつ入荷するか
まったく予定がつきません。

インドにはきっとまだまだ埋もれている芸術品が
あるのでしょうね。楽しみです!

もう販売はできませんが、このストールも本当に魅力的なストールでした。
もし売れなかったら、母にプレゼントしたい逸品でした。

昨日のコクーンワークのストールは今日の午後には販売を開始いたします。
今から作業しますので、少々お待ちくださいませ。

インドリームワールド店長 芳珠

ようやくさきほどアップしました。よろしくお願いいたします。

http://www.rakuten.co.jp/indream-world/909348/938712/
http://www.rakuten.co.jp/indream-world/909348/938713/  
Posted by hoshu1 at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

幻のストール その6

昨日のコクーンワークの最後の1枚は、実はすでにサロンには
ありませんが、やはり皆様にご紹介したいとおもいました。

このシリーズはどれも素敵でしたが、次はいつ入荷するか
まったく予定がつきません。

インドにはきっとまだまだ埋もれている芸術品が
あるのでしょうね。楽しみです!

もう販売はできませんが、このストールも本当に魅力的なストールでした。
もし売れなかったら、母にプレゼントしたい逸品でした。

昨日のコクーンワークのストールは今日の午後には販売を開始いたします。
今から作業しますので、少々お待ちくださいませ。

インドリームワールド店長 芳珠

ようやくさきほどアップしました。よろしくお願いいたします。

http://www.rakuten.co.jp/indream-world/909348/938712/
http://www.rakuten.co.jp/indream-world/909348/938713/  
Posted by hoshu1 at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月24日

夢のストール その1

インドリームワールドでは今年も新着のストール、皆様が今までに
見たこともないような美しいストールをご紹介していきます。

第一弾の今日ご紹介するストールは、コクーンワークというストールです。
コクーンとは英語で繭(まゆ)と言う意味です。
蚕の繭をそのまま使い、生糸の細い糸をよらずに使った
精巧な刺繍です。土台となる生地も最高級カシミヤの一番繊細な
糸を手織りで作りました。ですから、手仕事そのものような
ストールです。

書かれている絵も、色使いもモダンで個性的、しかも
どんな洋服にも使いやすい配色です。
そのところどころに撚っていない細い糸で繊細な刺繍をしてあります。
ですから、表面は本物の繭を連想させるような外観と風合いがあります。

ガーゼのような柔らかさ、薄さで、重さはなんと80gです。
柄にこだわらず、首元にさりげなく巻くととっても素敵です。
多色なのでいろいろな洋服に使えます。一回さわってしまうと
忘れなくなる夢のストールです。

ですから高価なストールであるにもかかわらず、
到着一週間以内に2枚も売れてしまいました。
それはそれは魅力的なストールなのです。

ということで早速ご紹介いたしましょう!
紛れもない一点ものの、コクーンワークと呼ばれるインドストールです。
同じものは二度と入りません!

急いでインドリームワールドにもアップしますが、一足先にブログでのご紹介です。
お問い合わせは、お早めに直接店長(indream@indream.co.jp)まで
お願いいたします。






インドリームワールド店長 芳珠
  
Posted by hoshu1 at 21:07Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月19日

from Okinawa

本日はなんと沖縄からのレポートです。

台風5号のため、出発が危ぶまれましたが、
どうにか沖縄にやってきた芳佳です。

初めての沖縄!
しっくいの白、レンガ色の屋根、ほりの深い顔立ちの人々、
そしてあちこちのシーサー、とまるで
海外旅行に来たようにキョロキョロしています。

沖縄といえば「紅型(ビンガタ)」くらいしか知らなかったのですが、
今回あらためて、各種各様な織物の存在を知りました。

紬や絣はほかの地域でもありますが、
中でも珍しいのは「芭蕉布」でしょうか。
バショウには「花芭蕉」「実芭蕉」「糸芭蕉」があり、
なんと「実芭蕉」はバナナのこと。
織物に使うのは、「糸芭蕉」だそうです。

また、今回台風が直撃した日本最西端の島、与那国島では
「与那国花織」が伝承されています。
その作品には「ドゥタティ」「シダティ」「カガンヌブー」が
あるそうですが…???
それぞれ「チェック柄」「手巾」「細帯」のことだそうです…。

奥が深い沖縄織物の旅です。

インドリームワールドモバイル店店長 芳佳
  
Posted by hoshu1 at 13:34Comments(0)TrackBack(1)

2005年06月27日

ところで、ストールって?

今日も快晴。
オフィスの窓から見える六本木ヒルズが
こころなしか暑そうです・・・。

二の腕の立派さを気にもとめず、
私はノースリーブの服が大好きです。
これまで、服に合わせてカーディガンやらボレロやら
引っ張りまわしていましたが、
ストールは1枚あれば割とどんな服にも合わせやすく、
重宝します。

ところで、ストールってスカーフとどう違うの?と思いませんか。

スカーフは正方形のものが多く、
主に53×53cm、58×58cm(これが多い)、65×65cmのプチスカーフと、
78×78cm、88×88cm(これが多い)、90×90cm、102×102cmなどの
大判スカーフがあります。
幅が狭く、長さが130cmや、200cmで、
ロングスカーフとよばれる長方形の物もあります。

一方、ストール(stole) は、古代ローマ人の既婚女性が着ていた
ゆったりした服、ストラ(stola ラテン語)に由来していて、
また、カトリックのミサのとき、聖職者が首から掛けて
前にたらした布が原型といわれています。
ですから、一般にスカーフよりサイズが大いものが
ストールと称されます。

では、マフラーは?これは長方形の「襟巻き」を指し、
マフラーは「首に巻くもの」、ストールは「肩にかけるもの」と
区別されるようです。

さあ、ちょっと詳しくなって
お友達に自慢しちゃいましょう!

インドリームワールドモバイル店長 芳佳  
Posted by hoshu1 at 11:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月25日

ジャマワールのこと その3

さて、講習も3日目(?)です。

ジャカールさんの発案したジャカード機のことです。
織機というものの原理は、
たて糸と横糸を交差させていくというものですが、
彼の考案した織機は、紙に穴をあけ、
紙に穴が開いているかどうか(詳しくはその穴に
針が入っているかどうか)で
たて糸の上下開口の操作を行う命令を送る、というものでした。

この、「穴があいているか、いないか」が
コンピューターの発明のもとだったということなのです!
コンピューターって「0か1か」という
原理からなる世界なんですものねえ。

織って布を作る、という作業は
長い人類の歴史の中で、あらゆる地域で
古くから改良が重ねられてきました。
そんな頃から、産業革命を経て、今に至るジャガード織。
おしゃれなストールにも人間の叡智の結晶を感じますね。

インドリームワールドモバイル店長 芳佳  
Posted by hoshu1 at 10:19Comments(0)TrackBack(0)